読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひないや地鶏日記(仮)

英語と美大と私を幸せにするあれやこれや。

早っ!

f:id:yuki_ks:20170203111918j:image

グラフィックデザイン基礎Iの採点結果が返却された。

1週間経ってないよ!早いよ!なのに超丁寧な採点でありがてぇ……

苦手な曲線を使った表現について細かにコメントいただいたのでちょっと試してみよ。

 

広告を非表示にする

グラフィックデザイン基礎I

f:id:yuki_ks:20170202124417j:image

 

80点でした。

3日で採点されててびっくりしたけどマジ感謝!

むしろ、今週中に次の課題やろうとしてたから遅れをとったな感ある。

さて、あと1カ月……がんばる!!

  

イラレすぐ落ちるのなんとかならんもんか。

デッサンIスクーリング

f:id:yuki_ks:20170122185236j:image

3日間お疲れ様でした。

モデルのお姉さんがクッソ可愛くてテンション爆高の3日間でした。

  

⭐︎デッサンI受ける人向けメモ

・造形基礎と違ってレンタル画板はなし

(ただし世界堂がいるからなんとかなる)

・木の丸椅子に座り続けてお尻が死ぬ

(アウトドア用の膨らますクッション欲しかった!)

・想像以上に暑い

場ミリ用のマステ便利

    

そんくらいかな。

お尻はねほんとにねすごくつらいよ。

 

追記持っていったものメモ

鉛筆ステッドラー青いの4H〜B6とカーボンB6、B8

カッター(途中で購入)、練り消し、プラ消し、画鋲(紙を画板に止める)

B2画板、B2用紙3枚(シリウス水彩画紙)、B3スケッチブック

途中追加:マステ(バミリ用)

 

科目試験受けてきたよ

生物学、美術の歴史と鑑賞、英語Ⅰの科目試験を受けたよ!

  

生物学は、ヤマがあたったから多分大丈夫。

美術の歴史と鑑賞は、空き時間に図書館で読んだ本ががっつり出てくれたので助かった!

あと一問は全くわからない問題が出たけど、伊集院光氏(※)になった気持ちで答えた。

この二つは多分なんとかなるんだが……英語……受験英語みたいなテストで……また抜けた回答してそうで……(。-_-。)

  

23日に結果出るらしいので、正座待機してます……

 

  

※よくクイズ番組で、答えを直接知らないけど、単語の組み合わせで背景を推察して当てる。雑学王だからこそできる荒技だと思う。

 

11月のフィードバック

先月同様バタバタと過ぎていった11月。
絶望とともに1月末に1週間お休みを申請した私です。

YA・VA・I・!

割りと息していない感じあるよ……


■12月の予定
───────────────────────────────────
やらねば死ぬのではないか
・色彩学 課題2
 →残り3課題もあるのどういうことなの……

やっとる
・造形基礎Ⅲ 課題1
グラフィックデザイン基礎Ⅰ 課題1
 →カラーパレット系の課題二種、引き続き同時進行中
  感想がすごくていろんなものの色がすごく変わっていくの絶望している。
・文章表現Ⅱ

できれば
・マルチメディア基礎
 →良いサイトがなかなかない……;;


■11月課題提出
───────────────────────────────────
・美術の歴史と鑑賞 課題2 採点中
・ワークショップ研究Ⅰ 課題1 S

試験の申し込みできたよー!!!!!!!!


■残念なお知らせ
───────────────────────────────────
・new 民俗学
あきらめた。←
・フランス語初級

マルチメディア基礎 スクーリングのメモ

 

◯もちもの

 1日目:カメラ 動画があればいいのでiPhoneあれば十分

 2日目:特になし 個人的にはスケブ持っていけばよかった
 3日目:特になし

 

◯スケジュール
 1日目:グループワークでの作品制作
 2、3日目:個人での作品制作

 どちらも後半に5分程度の作品発表と講評がある。

 

◯とりとめのない感想

成績が出ていないので責任あること言えないけれども……
あと、下記は私の個人的な考えなので自分を含む作品を中傷するもしくは持ち上げる意図はないです。

 

「触感の気持ちよさをインタラクティブに表現する」

 

テーマの要件をどのように満たすかがデザインで
そこにどのような作品性を追加するかがアートなんだなって思った。

 

今回は講師という特定のユーザーが居てそのユーザーが
「触感をインタラクティブに表せ」と言っているのであればそこから逸脱はしない。

 

つまり、「スタートボタンに触って動画が始まる」や
「それ以外のものが全く想起できない具象表現」みたいなのは違うと思っていた。

 

 アクション→[作品]→リアクション

 

という、アクションとリアクションをつなぐのが自分の作品であるならば、
やはり、「カーソル=擬似指」であることを忘れてはいけない。

 

あと、形式、時間、ファイル名などが指定された中で表現すること。

 

ここまでがデザインで、色選びとかコンポーネントの形とか
何をどうするかがアートなのかなって考えていたけれど、
コンポーネントの色選び、配置場所など全部
「触感の気持ちよさをインタラクティブに表現する」の要件に対して
100%を目指して計画されていたのだから、これはデザインなのかとも思う。

 

そう思うと、この授業アート性の高い子は辛い授業だったろうな……。
逆に私はアート性=自己主張を求められるの高い授業は苦手だったりする……。


おわり。

 

全然関係ないけど、この3日間に美術の歴史と鑑賞の課題1が帰ってきており、
評価Aであった。S取れない女……くそー。